パーキンソン病は脳の中の神経に異常が起こることで発病します。若い人には少なく、普通40歳~50歳以降にみられることが多いと言われています。症状は「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」の4つがあります。じっとしているのに、手や足などにふるえが現れることが特徴ですよね。この4つ以外でも、症状が便秘や排尿障害、立ちくらみ、発汗異常といった自律神経症状がでることもあります。またパーキンソン病は個人差があり病気の進行の速度も人それぞれだと言われています。パーキンソン病は進行すると自分一人で日常生活を送れなくなることもあるそうです。悪化すると寝たきりになる可能性もあるそうです。パーキンソン病は進行速度の個人差が極めて大きいので、早期から適切な治療やリハビリと行うことで進行を遅らせて日常生活に支障の出ないようにすることが大事です。
パーキンソン病の治療には、薬物治療・外科治療・理学療法があるそうです。パーキンソン病の多くは治療が必要な場合はまず薬物治療からはじめます。患者様の多くは薬物治療でかなりパーキンソン病の症状が良くなるそうです。ただ長期にわたる薬物治療法の限界もあるそうです。外科治療法は長期の薬物治療での問題点を緩和することで行われることがあります。ただ認知症がない患者様が対象になります。そして理学療法です。理学療法はリハビリテーションです。パーキンソン病患者様は家でじっとしている患者様も多いと思われますので、そんな患者様には身体機能を低下させないように早期からの適度な運動をはじめることがおすすめなんです。今まであげた治療法は残念ながらパーキンソン病そのものを治すわけではありません。ただし早期発見が大事で薬物治療は早めにはじめる、とにかくパーキンソン病の症状が見られたら早めの受診をしてください。
パーキンソン病にはどのような治療法があるのか?日本では難病に指定されているので治療法は未確立だといわれています。その未確立ななか治療法のなかにはリハビリがあります。リハビリは非常に大事な治療法のひとつなんです。身体的なリハビリと精神的なリハビリがありどちらも大切なリハビリです。また外科治療法もあります。しかし外科治療は病気そのものを治す手術ではないということです。身体が勝手に動いてしまう症状がみられる患者様に対し症状の改善を目的に行う治療法です。またお薬がよく効く患者様が対象になるそうです。そして手術後は薬剤調整や刺激条件の調整、リハビリを行いながら日常生活のレベルを改善させるこてを行います。また薬物治療法もあります。パーキンソン病のそれぞれの特徴があり、患者様の症状や年齢、活動度に応じて薬の種類、服薬量、組み合わせを考えて処方します。そして薬物治療法の注意する点は、医師が処方した通りに規則正しく飲む。自己判断での中止はしない。と薬の飲み方には気をつけてください。

パーキンソン病は脳の中の神経に異常が起こることで発病します。若い人には少なく、普通40歳~50歳以降にみられることが多いと言われています。症状は「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」の4つがあります。じっとしているのに、手や足などにふるえが現れることが特徴ですよね。この4つ以外でも、症状が便秘や排尿障害、立ちくらみ、発汗異常といった自律神経症状がでることもあります。またパーキンソン病は個人差があり病気の進行の速度も人それぞれだと言われています。パーキンソン病は進行すると自分一人で日常生活を送れなくなることもあるそうです。悪化すると寝たきりになる可能性もあるそうです。パーキンソン病は進行速度の個人差が極めて大きいので、早期から適切な治療やリハビリと行うことで進行を遅らせて日常生活に支障の出ないようにすることが大事です。

パーキンソン病とパーキンソン症候群との違いって何なんでしょうね??手足が震え歩行が困難になるなどパーキンソン病と似た症状があるのに国の難病指定をされていないそうです。だからパーキンソン症候群の患者様の治療は医療費公費補助の対象外となっているそうです。パーキンソン症候群の治療や薬代が月に10万円以上になることがあるそうです。そもそも国の難病指定になるパーキンソン病と国の難病指定にならないパーキンソン症候群の違いはどんな理由なんでしょうか?パーキンソン病は脳の中の神経伝達物質のひとつドーパミンという物質が通常より早く減少することによって発症すると言われています。パーキンソン症候群はパーキンソン病に似た症状が現れる障害で、でもそれは様々な状態が原因で起こると言うこと…例えば脳腫瘍や脳卒中などの脳の構造的障害や頭部外傷で起こるものでパーキンソン病と同様な症状が現れるが、パーキンソン病と区別されているんです。だから難病指定ではないのですね。

現在でもパーキンソン根本的な治療は見つかっていません。そ中でパーキンソンという難と戦っているパーキンソン患者様に対して、そ症状によって様々な誤解があるということを聞いたことがあります。例えばどんな症状なんでしょうか?筋肉がこわばっているために感情が乏しいと思われたり、見られていると緊張するため出来たことが出来なくなったりする、不安が強く恐怖心も強いため依存心が強く体温調節が上手くできないで暑がったり寒がったりと、わがままと思われたりと様々な誤解をうけてしまうことがあるそうですね。これからパーキンソン患者様介護をされる方、もしくはすでに介護をされている方は周り人がパーキンソンという気に対して、正しく理解することから始めてほしいと思います。

パーキンソン発症率は1000人に1人、50代から多くみられるそうです。パーキンソンは皆さんもご存知だと思いますが発症原因は分からず、今だ根本的な治療がない難です。体震えや筋肉こわばりで動作が遅くなりそまま進行すると体が動かなくなる神経系気です。パーキンソン原因はわかっていませんが、ドーパミンという物質を作る部分が変形して黒質細胞がどんどん減って少なくなっていきドーパミンが減ってしまうそうです。治療はドーパミンを調整する薬による治療とリハビリで症状を大きく改善できることがわかっています。リハビリと薬をうまく組み合わせていくことで日常生活を保つことはできます。

味覚障害や便秘がパーキンソン病発症前のひとつの前兆だそうです。嗅覚障害と便秘です。これらの症状はパーキンソン病のひき金になっているたんぱく質「αシヌクレイン」と深く関係していて、嗅覚障害が起こる理由は、「αシヌクレイン」が脳の嗅覚に関係する部位「嗅球」に、最初にたまりやすいためだと考えられているそうです。聞いたこともない名前ですね。さらにこの「αシヌクレイン」が腸管にたまると便秘症状となってあらわれるのだとか。善玉なのに?まるで悪玉じゃないですか?意味がわかりません。その他、味覚障害と便秘以外にも、眠っている時に見ている夢の内容に合わせて大声を出したり、手足を動かしたりする「レム睡眠行動障害」もパーキンソン病の前兆症状だと言われています。私たまにあるかも…。

パーキンソン病は、高齢になるほど発症率が高くなり、65歳以上では約100人に1人にのぼります。確率は高いですね。発症のピークは50~60歳代ですが、40歳代からは注意が必要です。私もそんな年代に突入しました。パーキンソン病は治療が難しい病気とはいわれていますが、進行を遅らせたり、症状を軽減する数種類のタイプの薬があるみたいです。一般的に薬による治療は、早い段階からおこなうほど改善効果がみられます。これはリハビリなども同じ事いえますよね。薬のほかには、手術による改善法もあるそうです。また症状の軽減には、リハビリ運動やさまざまな補助療法も併用しています。「手足のふるえ」「 筋肉の緊張」「 緩慢な動作」「 姿勢制御の障害」などかパーキンソン病で見られるものです。転びやすくなったりしますから、怖くて歩くのが嫌になるかもしれませんが、リハビリなど積極的に取り組まなければ、早々に寝たきりになってしまいます。薬とリハビリを併用する事が望ましいのでは。

前回も書きましたが、パーキンソン病は比較的に高齢者の方の発症が多いと言いました。でも俳優のマイケル・J・フォックスのように30歳で発症することもあります。このように40歳までに発症した場合を若年性パーキンソン病と言います。40歳までに発症した患者様には遺伝性が関係している場合もあるとのことです。若年性発症時は即に診断をつくのは難しいそうです。また早い人では10代、20代といった早い時期での発症は、たいていの場合兄弟など揃って発症するデータもあるそうです。若年性パーキンソン病の治療法もパーキンソン病同様に投薬や手術、リハビリなどです。リハビリでは身体的なリハビリはもちろんのことですが、精神的なリハビリも重要です。特に10代や20代は多感な時期です…ご家族の方はどのような場合でも支えてあげて決して無理をせずサポートして下さい。