パーキンソン病の発症率は1000人に1人、50代から多くみられるそうです。パーキンソン病は皆さんもご存知だと思いますが発症の原因は分からず、今だ根本的な治療法がない難病です。体の震えや筋肉のこわばりで動作が遅くなりそのまま進行すると体が動かなくなる神経系の病気です。パーキンソンの原因はわかっていませんが、ドーパミンという物質を作る部分が変形して黒質の細胞がどんどん減って少なくなっていきドーパミンが減ってしまうそうです。治療はドーパミンを調整する薬による治療とリハビリで症状を大きく改善できることがわかっています。リハビリと薬をうまく組み合わせていくことで日常生活を保つことはできます。

パーキンソン病の治療の研究は、世界中で今もなお進められていますが、根本的にパーキンソン病を治療する方法は発見されていません。しかし、研究の成果により、対症療法は見つかっているものもあります。また、パーキンソン病の症状に対するリハビリの方法などもいくつも紹介されています。パーキンソン病の特徴として、筋肉や関節のこわばりやアンバランス、前かがみの姿勢などがありますが、これらにリハビリを行っていくことで機能を維持したり、動きを改善することができるんです。例えば、前かがみの姿勢に対する簡単なリハビリとして、うつ伏せリハビリがあります。前かがみということは、背中が丸くなるために起こります。そこで、うつ伏せになってもらうことで体のラインを伸ばすのです。ただし、注意としてはいきなり行なうと骨折をしたり、危険もありますので、胸にクッションを引き痛みのない範囲でゆっくりと行ないましょう。このリハビリ以外に簡単で効果的なリハビリはいくつもあります。それらをただ闇雲に行なっていくのではなく、少しずつでも毎日やることが重要です。大切なのは、リハビリを行うこと、そして続けていくことなのです。

パーキンソン病の症状の一つに歩行障害があります。初期には症状は軽いことが多いですが、パーキンソン病の進行に伴い、放っておくと症状はどんどん進行していきます。進行が進み、重症の場合となると、自分で立ったり、歩いたりができなくなり、日常生活に介助が必要になってしまいます。ですから、そういったパーキンソン病の症状に対してリハビリテーションを行うことは非常に重要なことです。特に歩行障害は、日常生活レベルの低下につながってしまうので、歩行訓練は非常に大切なリハビリとなります。症状が強く出始める前に医師・理学療法士等に良く相談し、リハビリ計画をしっかり立てて行いましょう。具体的には、歩行訓練といってもいきなり立って歩く訓練は大変なので、すわって出来る足の筋肉を鍛えることから始めることも大切なことですね。日々の体調にもよりますから、無理をせず続けることが大切です。

みなさん嚥下障害という言葉はご存知でしょうか?嚥下障害とは、飲み込みが上手く出来なくなってしまう状態をいいます。この嚥下障害はパーキンソン病の症状としても起こります。嚥下障害の人で注意しなければならないものは、誤嚥です。誤嚥とは、食べものや飲み物があやまって気管に入ってしまうことをいいます。何故注意が必要かというと、口腔内や食べ物に付着した細菌が肺に入ってしまうと肺炎になることがあるからです。まず、誤嚥による肺炎を防ぐことが大切です。また、嚥下障害に対するリハビリを行っていくことも重要です。誤嚥を防ぐリ ハビリとしては、「アイスマッサージ」と呼ばれる口腔内のマッサージが効果的です。このアイスマッサージは、冷やした綿棒を口に入れ、嚥下反射をうながす方法をいいま す。相手がこの刺激によって嚥下(ゴックン)のリハビリになりますよ。飲み込みが上手くいかない方は、リハビリを始めてみてください。

パーキンソン病は、体がこわばり、動きが鈍くなる、バランスが悪くなるなどの症状があります。そのため、歩行の訓練や手足を動かす訓練などがリハビリとして行われます。また、パーキンソン病では、言葉が小声や早口になったり、口の中に唾液がたまりやすいといったことが起こります。特に言葉の最後が早口や小声となって口の中でくぐもってしまうため、相手は話を聞きとりにくくなってしまうということも少なくありません。そういった言語障害もパーキンソン病で起こります。このパーキンソン病の言語障害になにかいい対処方法はないのでしょうか?言語障害のリハビリとしてはいくつかの方法があるようです。例えば、深呼吸をさせた後、ゆっくり「あ~」と長く発声する練習を行なうのも一つの方法です。言葉をはっきりと発音するリハビリになります。また、前傾姿勢の姿勢の矯正をし、肺活量を増やすことや 固くこわばった口の周囲の筋肉をやわらかくする顔面のマッサージや顔面体操などを行うことで言葉がこもったり、早口になるといった症状を抑えるのに有効なリハビリになります。パーキンソン病の症状には、まだ他にもありますが、それぞれのリハビリ方法がありますので、リハビリスタッフと相談の上、行っていくようにしてください。

パーキンソン病は、手足や顔などのこわばりが症状としてでる病気です。動かしづらい、思うように動かせないといったことが起こるわけです。顔の筋肉のこわばりでは、例えば瞬きが少なくなったり、表情が固まったりすることがあります。手足と同様、そのままにしているとこわばりがどんどん進行していってしまいます。そうならないようにするためにも顔の筋肉を動かす練習・リハビリをすることはとても大切なことなんですよ。では、顔を動かす簡単なリハビリ体操をいくつか紹介しますね。①頬を膨らませます。3秒ほどを繰り返し行います。②口を開けたり閉じたりしましょう。10回ほど。③口を左右に動かします。④目を開けたり閉じたりします。10回ほど。⑤おでこにシワをよせてください。10回ほど。⑥舌をだして左右に動かします。左右10回ほど。鏡をみながら行うとより動きを意識できるのでいいでしょう。回数は目安ですので、最初は少ない回数からはじめ、徐々に増やしていくのがいいと思います。パーキンソン病は、脳が出す運動の指令が上手く伝わらず、スムーズに動けなる病気です。そのため、体がこわばる、バランスが悪くなる、動きが鈍くなるといった症状が出てきます。ですから、今紹介した顔のリハビリ体操を、日々生活に取り入れてみてくださいね。

パーキンソン病とは、中高年期に発症し、手足の震えや体のこわばりを特徴とする神経変性疾患です。緩徐に進行します。黒質緻密層の変性が起こると基底核の運動統御機構の破綻を生じて振戦、筋固縮、寡動・無動、姿勢反射障害を呈するパーキンソニズムと呼ばれる特有の運動障害を発症する病気です。現在、パーキンソン病そのものを治療する方法はわかっていません。しかし、近年研究が進むにつれて症状に対しての治療は見つかっています。治療は、基本的に投薬になります。また、もうひとつ大切なのがリハビリです。リハビリは、体の機能低下を予防するためにも大切なことです。リハビリとしては、運動療法を中心に行います。内容として歩行訓練、姿勢の矯正、方向転換の訓練などです。パーキンソン病の進行を抑えるには、この投薬治療とリハビリを両立して行っていくことが重要になります。そして一番大切なことは、治療とリハビリは早期から始めていくことです。

パーキンソン病になると体や手足がこわばり、運動能力が低下します。そのため、パーキンソン病の方の多くは、バランス能力があまりよくありません。バランスが悪いとリハビリの時などに転倒する可能性があります。しかし、だからといってなにもしないままでは、病気がどんどん進行し、悪化していきます。そういったことを避けるためにも、安全にリハビリを行っていくことが必要になります。今回は、体幹部のリハビリ方法を紹介します。まず、先ほどもいいましたが、パーキンソン病の方はバランスが悪い人が多いので、リハビリは座って行います。ベッドの端に座るなどして行いましょう。まず体を、左右にねじって止めるリハビリです。片側に上半身だけを左右どちらかに捻ってその姿勢をキープします。5秒ほど止めましょう。反対側も行います。このリハビリでは、体の筋肉を左右に伸ばすことができ、筋緊張や関節拘縮の予防になります。簡単に行えますので、ぜひやってみましょう。

パーキンソン病とは、中高年期に発症し、安静時の振戦(ふるえ)、筋強剛・筋固縮、寡動・無動、姿勢反射障害、歩行障害、精神症状などを発症する進行性の神経変性疾患のことをいいます。それ以外にも様々な症状があり、初期ではそれらの症状は軽いです。しかし、パーキンソン病の進行性のため、放っておくと症状はどんどん進行していきます。進行が進み、重症の場合となると、自分で立ったり、歩いたりができなくなり、日常生活に介助が必要になってしまいます。ですから、そういったパーキンソン病の症状に対してリハビリテーションを行うことは非常に重要なことなんです。リハビリといってもその場で簡単に行えるものもあります。例えば、バランス訓練です。パーキンソン病の人はバランスが悪い方が多いので、その機能の回復のためにもこのリハビリは大切です。方法としては、まず、背もたれのある椅子を用意し、椅子の背もたれ側と向かい合って両手で椅子に手をつきます。そしてその場で足踏みをするだけです。手拍子や音楽をかけて行うとより効果的です。このリハビリはバランスと歩行の訓練になります。このように簡単に行えるリハビリも多いのでいろいろとやってみることが大切です。

パーキンソン病になると、安静時の振戦(ふるえ)、筋強剛・筋固縮、寡動・無動、姿勢反射障害、歩行障害、精神症状などを発症します。それ以外にも様々な症状があらわれます。初期ではそれらの症状は軽いです。しかし、パーキンソン病の症状はゆっくりとですが進行していきます。進行していき重症の場合となると、自分で立ったり、歩いたりができなくなり、日常生活に介助が必要になったりします。ですから、そういったパーキンソン病の症状に対してリハビリテーションを行うことは非常に重要なことです。リハビリで病気の症状を和らげることができます。行うリハビリは運動療法を中心に行われます。内容として歩行訓練、姿勢の矯正、方向転換の訓練などがあります。他にも発語練習や編ものなどの手作業もあります。それぞれ、理学療法士、言語療法士、作業療法士と呼ばれる人達がその人にふさわしい運動方法を指導してくれます。こういったリハビリは症状を緩和し、ADL(起居、移動、食事、更衣、整容、トイレの各動作およびコミュニケーションから成る日常生活に最小限必要と考えられる動作のこと)を可能な限り良好に維持するためにも大切なことです。